男服の悩み解決は初心者でも難しくありません!

男の服ってセンスなくても合格ラインをクリアするのは、以外にも簡単です。なぜってアイテムも色もデザインも少ないですから。コツはルールを知るだけ!

メンズカジュアルコーディネートはテレビでも参考がいっぱい!

男子のおしゃれ初心者さんは、メンズカジュアルのコーデに悩むケースも多いようですが、テレビもとてもさんこうになりますよ。

アナウンサーやコメンテーターの方は参考になりますね。本人ではなく、プロのスタイリストさんがコーデするケースがほとんどですのであたりまですが。

特別個性的なセンスの女優さんや個性が売りものの出演者は私服もありますが、たいていスタイリストさんのようです。

 

f:id:cy03:20170729221801j:plain

 

ボクらの時代です。

左は徳光孝明さん、どなたにも似合いやすい模範例です。ネイビーのテーラージャケットに白いシャツでノーネクタイ、カーキののパンツ。

ただ、ジャケットは、会社員の場合は衿にネイビーのラインがアクセントになっていますが、オール無地がいいです。

パンツはグレーや濃いベージュも合います。

 

真ん中の徳光正行さんは、サックスグレーのテーラージャケットに白いシャツ、パンツはネイビーです。ことらも好例です。ポケットチーフは会社員の方は白のスクエアたたみがいいですね?

 

右端の逸見太郎さんは、この業界ならではのコーデです。こんな明るい華やかなブルーのジャケットは一般の会社員ではあり得ません。インも派手な送柄のプリントTシャツです。

逸見さんのコーデを一般人の会社員にアレンジするには、ジャケットはネイビーに、インは白い無地Tシャツです。ジーンズは業界によりOKです。

固い職場では、スラックスかチノパン程度ですね。

 

おしゃれなブランドを選べばいつでもその年の流行が適度に入っている!

メンズは流行はゆるめで十分ですが、テレビは先取りなのでおしゃれな色、今流行の色がわかります。基本カラーはメンズはあまり変わらないのですが微妙に流行の今新鮮に感じる色なのです。

ネイビーでもやや紫味系とか鉄紺系とがあるのですね。色はグレーや黒は無彩色ですが、ネイビーは無彩色ではないので、何百色も何千色も無限大に作れるのです。

 

そのブランドによって適度に流行のシルエットや色になっているので、適度におしゃれなブランドを選んでおけば、二年ごとくらいに買い替えるのが理想ですね。

そうすれば、意識しなくても二年前に買ったネイビーのジャケットと今年買ったネービーのジャケットはシルエットも色も同じようでも微妙に変えているのです。

 

その差は時代に合わせてわずかな差なので気付かない程ですが、これがあるからいつも同じようで少しづつ変化しているのです。