男服の悩み解決は初心者でも難しくありません!

男の服ってセンスなくても合格ラインをクリアするのは、以外にも簡単です。なぜってアイテムも色もデザインも少ないですから。コツはルールを知るだけ!

AOKIの利益が減少しているということは、ビジネスウエアの変化の表れ!

紳士服2位のAOKIが利益が大幅に減少しているとのこと。低価格でサラリーマンにはありがたい会社ですが従来のように毎日スーツにネクタイのビジネスウエアだったのが、カジュアル化が進んでいることが原因なのでしょうか?

スーツ、フォーマル関係は今までどうり必要でしょう。ビジネス社会からビジネススーツは消えることはありえません。ビジネス社会ではいちばんの品格あるドレスコードですから。


多様化する消費者ニーズは世の中と同様、余裕ある層とかなり苦しい層に2極化しています。その意味でもAOKIは必要でしょう。

 

ジャケットスタイル・ビジネスカジュアル需要の高まりもあるし、女性の社会進出によるレディーススーツ需要の高まりも変化を必要としています。

男性はビジネススーツ一片倒だったけれど、ジャケットスタイルも当たり前になったように、女性のビジネスウエアはもう少し定型化してくると思われます。いままでの女性のスタイルは自由すぎマナーに欠けている面がありました。

 

男性のビジネスウエアはもっと自由に!

女性のビジネスウエアはもっと基本の形に沿って個性を!というように変化するのではと思います。崩し過ぎではありませんよ。ジャケットスタイルはビジネススーツのように着こなせることが第一歩ですね?

それは今までがあまりのも男性はビジネススーツ一片倒だったし、女性は信頼される服装ということを忘れ自由すぎていたことへの反省だと思うのです。ですからこの変化はある意味、正当な方向へ向かっていると思います。

 

振り返れば、私自身も反省の多いスタイルで仕事をしていたと思います。職種にも大いに関係ありますが、男性がジャケットが必要なら女性も同様だと思うのです。

ただテーストやアイテムにはもう少し幅が広いとは思いますが、Tシャツ一枚で商談というのもどうかと思いますね。

ジャケットも持っていて脱いでいる状態はあっても持っていないで外出は違う気がします。その変わり男性同様女性も毎日似たような感じでもいいと思います。仕事ですから。

 

毎日、意外性のある着こなしは必要ないのです。モデルではない会社員なのですから。

 

これからのビジネスウエアは男性も女性も制服でない会社は大きく変化する時代にはいったと思います。就職の際の会社選びに制服がある会社、ない会社というのも影響が出ると思います。経済的理由で社員食堂があるか、ないかと同様に。

着るものは人生に大きな影響があることは確かだし、どうとらえるかも自分次第ですね。