男服の悩み解決は初心者でも難しくありません!

男の服ってセンスなくても合格ラインをクリアするのは、以外にも簡単です。なぜってアイテムも色もデザインも少ないですから。コツはルールを知るだけ!

メンズカジュアルにロンTやビッグシルエットが流行していますが…

スリム過ぎるメンズのスーツなども抵抗がありましたが、今度は男性なのに手がかくれ指先がのぞくスタイルが流行っていますね?

 

90年代の流行で女の子の指先だけがのぞいたスタイルを年配のおじさんは嫌っていましたが、その気もちは理解できました。

 

それが男子が?!と、驚きます。男子が可愛い?を目指すの?いやだなあ、と思います。ダボッとした着方ってきれいじゃないです。

 

細すぎるのもきれいじゃないです。いつの時代も流行の先端は品がないです。最先端の流行は要らないです。メンズはゆっくり待って控えめなブランドが控えめに取り入れた時、着ればいいと思います。

つまり、ほんの少しその気配がはいるレベルがきれいです。今のメンズスーツにダボダボのスーツがきれいじゃないとの同じ理屈です。

 

学生や若い人はお家でくつろぐ時にダボっとしたロンTやロングシルエットのシャツは試してみてはどうでしょう?お出かけや通勤着やビジカジには流行は要りません。

 

その雰囲気がベーシックにも行きわたる頃でいいのです。メンズはあくまでも普通がきれいです。下記の白いカットソー程度のゆるさでいいと思います。

 

f:id:cy03:20170504185838j:plain

 

男の服は、常にベーシックであなたに似合う色でいい。

流行は控えめでいいし、色もベーシックでいいのです。ネイビーでもグレーでもその時代に合う微妙な違いで表現されていますから、ベーシックアイテムでも2年おきくらいに新しいものを買う方がおしゃれです。

ネイビーもグレーも毎年同じ色ではないのです。毎年同じような色で定番のアイテムでも買い替えは必要です。シルエットも微妙に時代に合わせて変化しているのです。

 

だから、同じようなアイテムで同じような色を着ていてもおしゃれなのです。着崩れするほど着つづけないこと、いつもこぎれいに手入れされた衣服であることが大事なのです。

スプートニクスはその点、ちょうどいいのです。きれいめ普通服でどなたにも好感度高いメンズカジュアルで価格は低価格から普通価格の品ぞろえです。

参考は⇒こちら